カテゴリー: 雑記

雑記:2023/01/23

仕事が妙に忙しくなってきました。
ガチの薄給だけど、半分勉強みたいなものだから、
下手な授業料支払うより、お金がもらえるからいいか、って感じ。
まだテストだし、無理と思えば、逃げる予定。


無印良品でおなじみの横井チョコレートを工場で買ってきました。
これで冬の間は勝てる。
コーヒーの良いおともが出来ました。わーい。
太らないように、運動はするけど……。
カフェインを取らないと、すぐ寝ちゃうの、どうすればいいのかな。
土日、半分以上寝てたよ。


プロットを書くソフトを変えました。
ネタ出しは相変わらずペンとノートですが、
ノートのネタ→情報カードに書き写す→そのカードをコルクボードに貼る
→ダイナリストにまとめる
ってやったら、視覚的にも脳内の整理もうまく行くようになりました。
元の設定こそ、中学の頃からあるネタだけど、
(闇子さんとほぼ同時期に発掘された)
そのままでは使えないので、設定を構築し直しています。
でも、脳内混乱し始めるぐらい複雑になりそうだったのですよ。
まとめたら、そんなに複雑じゃないけど。あはは。
設定に使うかなって思って借りてきた黄金伝説のネタは次の作品かな。
あはは。
ざっくりとした設定は出来たので、
次の作業は一つ一つのストーリーを煮詰めよう。


創作小説短歌。
なんの小説かあててみそ。

孤独でもあなたがそばにいてくれる
それだけでいいあたしの心

ねがいごとキミのすべてをかなえたい
できるはずなくため息をつく

一人だと歩けなかったこの倫(みち)も
あなたとならばきっと歩める

文学フリマお疲れ様でした。 #文学フリマ京都

遅くなりましたが、
1/15にみやこみっせで行われた文学フリマ京都、お疲れ様でした。
買った本は後日紹介します。
気になる本を結構買いあさったよ。

雑な感想をいくつか。
友人が来てくれたのはうれしかったです。
私が会場内を回っていたとき、
母が押し売りしてたらしく、それは非常に申し訳ありませんでした。
隣の方の「京都はふらっと来る方が多い」という話を聞いて、
なんか肩の荷が下りました。
東京だとどうなんだろう。
この方の本も買ったので、後日感想を。とてもおもしろそう。
私たちがいた島?はそんなに人の往来がなかった気がしたので、
途中まで売れないかなと思ったのですが、
「神喫」が少しでも売れたのにはびっくりしました。
何故? やっぱりジャケ買い?
やっぱり伊藤さん(表紙を書いてくださったイラストレーターさん)の力はすげぇ。
逆に「死者の代理人」が売れていなかったのは残念。
キャッチーじゃなかったか。それとも雑だったか。
1000円超える「闇子さん」は、やっぱり手に取りにくいよね。
値下げするつもりはないけど。
ホシド関連の方が二人来場してたのにも、びっくりしました。
一人はもう一度お会いしたかった方だったので、嬉しかったです。
感想が言えて良かったな。

とあるサービスの申し込みだけして、
登録してない企業の方が最後の最後に来てくださって、
売るためのアドバイスをいくつかしてくださったのは嬉しかったです。
「カバーとか付けた方がいいんですかね?」
「手作り感みたいなチープに見えないように作るのがね……」
云々。難しい塩梅ね。
とりあえず、登録……の前に、企業さんに連絡とって、
もう少しアドバイス頂こうかな。

とにかく、とても楽しいイベントでした。
帰りにみやこめっせの目の前にある平安神宮でおみくじで
大吉を引いたのはとても幸せでした。
「自分のことをよく知ること」が大切だそうです。
がんばろ。

帰りにビールを飲んだのは内緒ね。
あまりビールは飲まないんだけど、
なんかこの日は非常に呑みたかったのよ。

2022年の創作雑感 #創作2022_23

あくまで雑感。


今年一年で一番大きかったのは、
やはりリトルプレス「恩知らずの闇子さん」。
「物理」としての小説は大きいね。
昨年には書き終えていたのだけど、
1話追加しているという意味では、今年完成とも言えるかな。
HOSHIDOさんとa sleep storeさんに置いてもらっている。
来年は、文フリに参加予定。
冬は京都、春は東京。
母と従姉を巻き込む予定。
オフラインでどこまで読んでもらえるか。
それがリトルプレスでの来年の目標。

3人に読んで貰い、面白いと言って貰ったのも大きい。
読書家にファンにいるという言葉だけで凄い勇気をもらった。
よく分からないのが、
前作で、胸が痛くなるほどクリティカルな指摘をくださった男性が、
「闇子さん」を買ってくださった話を聞いたこと。
前作「神様がいる喫茶店」でのご指摘は、本当にクリティカルなもので、
当時、今後どうすれば成長できるか、って非常に考えさせられるものだった。
こちらとしたら、なんで買ってくれたんだろう……って不思議に思っていたのだけど、
「買ってくれたってことが、あなたの評価ってことでしょう」という言葉を受け、
なるほどと、思った秋の空。


今年は母のコネクションから、文学の先生に繋がった年だった。
これはかなり大きい。
母のコネっていうけど、実際は祖母と先生のお母さんが大親友。
プリキュア顔負けの真逆のキャラでも相通じてる幼馴染み同士らしい。
まあ、それは置いておいて。
実は、先生とは一度会ったことあるんだけど、
十年以上、かつ、私が言葉を失っていた時期だったので、あまり覚えていなくて。
麦わら帽子のおばさんっていうおぼろげに残っている程度。

で、たまたま、ネットを見ていたら、
今年、先生の講演会があると知り、なんとなく参加した。
母「どうだった?」
私「ねえ、先生って、小さいときから落ち着きがない人だったの?」
母「そうだね」
三つ子の魂百までを地でいく先生らしい。
あ、内容は、とても勉強になるものだったよ。

講演二時間後に、
祖母から、「喜んでいたよ~」っていう電話がかかってきたのはガチで怖かった。
田舎って情報早い。

で、

祖母(おしゃべり)が、私が仕事もせずに小説を書いていることを愚痴っていたらしく。
(それも一体どうなんだ?)
色々ゴタゴタがあったのち、
11/6開催の文学フェスタで「闇子さん」を無理矢理買わせたんだけど(言い方が酷い)、
「面白かった。でもテーマが多過ぎ。がんばれ」(概要)という
果たし状みたいなお手紙をもらって、マジビビった。
それから、郵便というアナログでのやりとりを数回かしている。
母の幼馴染みなので、気を遣わずに、色々書けるのが良いね。
「あなたの日本語は乱れていない」という言葉に大変励まされた。
上から目線の人間には負けちゃいけないなって、手紙を読み返すたび思う。
この前、高橋源一郎先生著
「ぼくらの戦争なんだぜ」(朝日新書)を紹介してもらった。
この本で表現力について、かなり考えさせられた。
これはオススメ。来年も多分繰り返し読むと思う。
来年も先生と文通出来ると良いな。


来年は公開する話が確実に少なくなる。
というのも、長編新人賞を2つ応募予定だからだ。
とても大きな賞で、一次を通るのにも、一苦労と聞く。
まあ、チャレンジのしがいはあるかもってことで。

毎回、新作には一つだけチャレンジ要素を入れる目標をしている。
いくつもチャレンジ要素をいれると、書けなくなるためだ。
闇子さんは、「アクション」がチャレンジ要素だった。
今書いているのは、「のっぺらぼうにしても、主人公に個性がでるか」。
短編連作は相変わらず。地の文で、性格が分かるかというチャレンジ。
ある方に読んで貰っているのだけど、今のところは上手くいっているみたい。
この「のっぺらぼう小説」は、今年中に書き終えたかった。
あと1話……。1ヶ月、書けない時期があったのが痛かった。
プロットは完成しているから、正月に書こうかな。
スランプの間に、新しい作品2つを書いたのだけどね。
一つは11/6の新作。
もう一つは、新人賞二つ目の第1話。
後者に関しては、設定の整理をしてから、春からリテイクする予定。


ZOOMで小説本通販プラットフォームのアンケートに答えた。
世の中の小説を書いている人の多さにびっくりする。
一次小説を書いている人は、
今の二次界隈に対して、大概同じ事を考えているんだなと知って、思わず笑った。
このプラットフォームがリリースされたら、使わせてもらう予定。


とりあえず、今年一年間の雑感をつれづれと。
病気が酷くなって、まわりを振り回してしまった。
友人のアドバイスからカウンセリングをはじめたことで、
なんとか今年もやっていけた。
友人をはじめとして、皆様には感謝しかない。
来年はあまり公開できる話はないと思うが、
私の作品で楽しんで頂けたら、幸いである。

雑記:2022/12/29

昨日、夕方、イスに立って、神棚を掃除していて、
降りるときに滑って、電源タップの「角」におでこをぶつけました。
結果、漫画みたいな「たんこぶ」ができました。

救急で病院に行き、CTで異常なしだったので、帰宅。
鍋をみんなで食べました。
こぶは、現在少しだけひきました。青たんが少しありますが。
表情を変えるとまだ痛いです。
でも、ロキソニンもらってきたし、大丈夫……と信じたい。
が、数日は安静と言うことで。
どこまで安静なんだろう。
あとは、ぬいぐるみと本棚を手入れだけど、
高いところはこりごりなので、これは来年かな……。

というか、今年は救急車に運ばれたり、高いところから落ちたり、
厄年ってマジにあるのね。こっわ。

26歳のとき、階段から落ちて、肩の骨が砕けたり(一応、完治)、
30歳のとき、レクサスにはねられたり(レクサスって安全機能なかったっけ?)、
同じ年にストレス性の発熱で会社をやめなきゃいけなかったり、
これだけでも、従姉に「なんか生傷多くね?」って言われているんですが、
今年、32歳(厄年)に、イスを踏み外して、頭部打撲って、
なんか呪われている気がする。
日頃の行い?
いや、日頃の行いが良いから、生傷絶えなくても、
大きな入院沙汰(検査入院はした)になっていないのかな。
妙なポジティブシンキング。
とりあえず、今のところは生きています。


言葉がきついだの、口が悪いのなんだの。
好き勝手に言わないでよ。
日本語入力にATOK使っている時点で、
言葉を大事にしていないはずがないでしょ。
私ほど言葉を選んでいる人間なんていないと思うけど?


TPOにあわない間違った日本語を使って、
人を侮辱するのやめてくれないかな、ということがあると、
温厚な私でも流石にキレる。
本当に社会人なの? って笑いたくなるわ。
マインドフルネスやっているから、そんなに落ち込んでいないけど。
人に引っ張られなくなっただけ、少しだけ成長したかな。


勉強の大切さ。
このサイトを見ている人に学生さんがいるか謎だけどさ。
一応「成人」として。
「勉強」だけはしておいたほうがいいです。
私が、今、なんとか小説を書いていられるのは、
基本的な教養があるからなんだよね。
基本的な教養がなければ、その教養を拡張した物語を書けないよ。
戦争ですべてを失った祖父は、
生前、「知識は盗まれない」って話していました。
戦前生まれで、東京大空襲ですべてを失ったジジイ(謎の院卒)だったので、
言葉の重みが尋常じゃないです。
私にwinxpの操作法を教えてって、言ってましたからね。
一生勉強を貫いた祖父さんだったと思います。
教える立場だったのかもしれないけど。
うちの祖父さん、ネタの宝庫なので、いずれまとめて書くかも。
祖母さんも死んだし、時効だろってのもあるし、
私の人生観を形成している一人だしね。
…うちの大叔母(祖父の末妹)、まだピンシャンしてるけど……。

知識おばけで有名な亜留間次郎先生曰く、
「勉強はコスパの良い投資」って言っているのを聞いて、
やっぱり、お金は盗まれても、
知識は誰も持っていかないんだなあって、改めて。

勉強は「勉学を強いる」からダメだって言う大人もいるけど、
基本、小中高、タダで勉強出来ること、そのものが奇跡であって、
それが当たり前になっていることを自覚しないのが危険なんだよね。
確かに、偏差値に振り回されすぎる勉強は危険だよ。
それは本当に危険。
でも、平和であればあるほど、国は腐敗するから、
腐敗をとめるために、私たちは基本的な知識を持って、
その腐敗をとめる監視をしなきゃいけないんだよ。
声を上げても、為政者は権力を持って、押しつぶそうしてくるけどね。
まあ、なんのことを言っているかは、察して。

最初、私を侮辱してきた人は、
3S政策……っていうと、陰謀論じみているけど、
なんか、そういうのに囚われている印象だったな。
つーか、高志中退の私に、酷いことをよく言うよ。

ま……まあ。高志卒業した政治家の下で、
仕事したことがあるけど、うーん……良くなかったね。
何が、とは言わないけど。
元からそんなに信用してなかったけど、
政治家を本性から信用しなくなったのは、大概こいつのせい。

雑記:2022/12/08

twitterにかいたやつをまとめます。
そのほか、色々と。
一次情報は調べてください。
この記事は主に「エコーニュース」アカウントと
「暇空茜」アカウントを読んで考えたことです。
というか、エコーニュースさんをほったらかしにして、
水原氏(暇空茜の中の人)を個人攻撃って、ヤバすぎるだろ……。

今、自分が感じている問題点は、
若年女性を救うと謳っている団体は本当に女の子を救っているのかしら?
っていうのが、最初にきているんだよな。
数字を見る限り、あまりにやっていることが杜撰にしか見えないんですよ。
「易相談」とか……。それ、占いだし。
遊びで占いをいれるなら、まだ分かるけど、
事業としてカウントをするなら、職業としてやっている占い師をバカにしているのか? って、
「どうして感情を素因数分解するの? 素直に感情を出せばいいのに」っていう
クリティカルなアドバイスとかもらった経験から怒りを覚えますね。
そのとき、まだカードを引いていなかったけど。
(まあ、「5キロ痩せたらモテるのに」とかトンチンカンなものもあったけどさあ)

活動によって、救われている人々はいるのか? っていうのが一番の疑問点なんです。
公金が使われている限り、
数字上、現れてこないと実績として国民に納得してもらえないだろうって思うんです。
もちろん「声」も大事です。「救われました」って声は本当に大事です。
ですけど、税金が投入されている限り、数字として、実績(やっている証拠)を見せないと、
納税者は納得できないと思うんですよ。

救うって謳っている人たちが、実は救われていなかったって、非常に怖い話で。
私は文章を書く楽しさをフリースクールや大学の国語の先生に教えてもらい、救われました。
(今も救いの場はあるしね)
こういう「救いの場」って、誰にとっても凄く大事なんです。
納税者が「救いの場」と思っていたけど、
実はそうでなかったのでは? という疑惑が出たら、
やはり、「ちゃんとやってます!」って数字を出さないと、誰も納得しません。
「声」と数字としての「実績」。
これを証明するのは「行動している側」です。
悪魔の証明はできません。

「国の闇」については、まだ触れないでおきます。
今の自分にはSAN値チェックになりそうだから。
でも、上記と繋がっていそうですね。

私はどうして「若年女性」に限っているんだろう、
困っている「若年男性」もいるよな、って、ずっと思っていて。
ずっと言ってきていると思うけど、
男を加害者、女を被害者だって声は、やっぱりおかしい。
私はシス女だけど、だからこそ、「男はダメなんだ!」と被害者ぶる女性が嫌いです。
悪いことをしたら、男も女も関係なく「悪者」なんです。

もし、若年女性の活動団体が「クリーン」だったら、謝ります。
でも、今出ている証拠からはそれが分かりません。
証明してください。お願いします。
過去に性的なのも含め、被害を受けた女性として、知りたいだけなんです。

各団体がさっさと「我々はクリーンです」って証明すれば、
水原氏はカンパなんて募る必要なんてなかったんだよ。
人格攻撃されたからこそ、カンパを募らざる得なかったというか。

個人的に感じる水原氏(暇空茜氏)が凄いなって話を。
自分語りも入るので、私に興味ない方は読み飛ばしてください。
水原氏って、思想的・性格的には露悪的で怖いんですが、
(少なくても知り合いにはなりたくないタイプの人間)
進学校中退で、ネトゲフリークになって、
とりあえず大学行って、働いていていたら裁判になって、勝って、
しかも、現在進行形で人格攻撃されているのに、
それでも「行動する」というメンタルの強さに、
超個人的な理由で、勇気をもらっています。
私は高志高中退で、
(県外者にわかりやすくいうと、
福井県内ではチラムネで有名な藤島高に次ぐ進学校で、
私らの世代は藤島より倍率高かった記憶が)
一応、通信制高校に通って、大卒だけど、それだけです。
何もないです。
同人誌だしたり、小説書いたり、色々やっているけど、
その結果、人格攻撃などされて、メンタルガタガタになるんですよね。
(だってさー「あんたの小説は読む価値がない」って言われてみてよ。しょげるぜ)
仕事でも「まひろさんって何が出来るの?」って笑われたりしたし。
だから、弁護士に記者会見で人格攻撃されても、
「結果を出すまで、俺はやる」という水原氏の姿勢って、憧れるし、
私も、攻撃に負けちゃいけないって、心を強く持とうって思うんです。
信念を持たなきゃって痛感しているというか。
「高校中退」「とりあえず進学」しか共通点ないけどね。
まあ、「首を突っ込んだ限り、やるったらやる」というエネルギーは
普通の人にすらないとは思うけど。

そういや、水原氏と動画担当のなる氏を知ったのは、
シュナムルさんのアカウントが消えました動画からなんだよなー。
当時からブラックなネタマシマシだったけど、
妻(仮)さんが被害を受ける前に、対処した判断は適切で、
そういう面では常識人だとは思う。
あれから数ヶ月で、こんなことになるなんて……。

雑記:2022/12/07

手の調子の非常に悪いです。
パーキンソン症候群の再発……?
薬の副作用って分かっているけどさ!
主治医が頭を抱えるほど、薬の副作用が酷いのは分かってる!
でも、今まで飲んだ中で、一番パーキンソン症状が出にくい薬なんですよ。
最新の薬なんですよ!!
だから、高いんですよ!!
医療費!! って薬局で叫んでます(心の中で)。

血行不良になるとパーキンソン症状が悪化するって聞くけどさ!!
本当にミスタイプ多いというか。
ここまで打つのに、非常に何度もミスタイプしてます。
テトリスもうまく出来ず……。
マラソンモードもやっとこさです。

ということで、サポーターみたいなリストバンドを着けてます。
温めると少し指の動きが楽なんですよね。
レッグウォーマーも着てます。
ってことで、結構ポカポカしてます。
でも、ミスタイプは多いんだよなあ……。
血行不良が酷いのだろうか。
お風呂につかろうか。
朝風呂だ、朝風呂。

そして、何故か腰を痛めました。
腹筋も痛い……。
ストレッチすると楽になるんで、多分筋肉痛なのでしょうね。
それかストレス。
何にも記憶がないんだけど。
あえていうなら、ショッピングモールでぐるぐる回ったぐらいなんだけど。
マッサージ器具買って良かった。もみもみしてもらってます。
あとは、痛み止め飲んで、軟膏を塗って、痛みだけでも取り除こう。

冬場になると、足が強ばって、杖が必要になっていくの、本当に何故?
親族の結婚式に東京に行くんだけど、マジ大丈夫かな……。
私より、親が心配してるのはここだけの話。
春が待ち遠しい。

ネタだけ溜まっていく一方です。
書きたいなー。
でも、まずは整理からだな。
Nolaエディター、凄く便利。


リトルプレスについて、チャレンジ感覚で申し込みをしてみました。
審査が通るかは分からないけど、登録の申し込みだけなら……と。
上手くいったら、またアナウンスしますね。
音沙汰なかったら、そういうことですから。

雑記:2022/11/30

昨日、「一般社団法人Colabo」が誹謗中傷を受けている旨の記者会見が開かれました。
一応、リアタイともう一度見ての感想。
あくまで私の感想です。
会見はようつべにあるから、リンクを貼ってもいいんだけど、
弁護士さんたちの声が、教師にいじめられていた中学時代を思い出して怖いので、貼りません。
興味がある方はどうぞそちらで。
趣旨はこちらにまとめられているので(意見も書かれているけど、マイルド)、
時間がない方はこちらを見てください。
仁藤夢乃Colabo弁護団が暇空茜(水原清晃)への提訴記者会見「リーガルハラスメント・AVは性的虐待を娯楽化・若い女性全員ターゲット」(外部リンク)

会見では「暇空茜が」って、終始言っていたけど、
「水原清晃」って本名だしているし、しかも学歴から経歴すべて出しているし、
疑惑を書いているnoteでは本名(ローマ字表記だけど)も併記されているし、
普通に「水原氏」呼びで良かったんじゃないの?
まるで「暇空茜」という匿名の人物が、
悪質なことをやっているっていう印象を植え付ける言動を弁護士がやっているように見えた。
普通に「水原氏」でいいじゃん。
正式な場所だしさ。そこは真名で呼ぼうよ。
下手な話、私よりも、水原氏は自分の生い立ちを公表しているよ。
(グラニ裁判のこともあるし)

動向を見守っているだけだから、水原氏の行動・言動はやりすぎだなって思う所はあるけれど、
(なんていうか露悪的というか)
あの記者会見はただの水原氏の悪口大会のようにしか見えなかった。
「リーガルハラスメント」って何?
「合法的嫌がらせ」って何?
「俺たちが調べるのはいいが、水原氏の調査は嫌がらせだ!」っていう風にしか聞こえなかったよ。
弁護士がそれを言っちゃうんだ。へぇ。
弁護士っていう職業が怖くなった。
毒を少し吐くと、選民思想なの? って感じ。
俺たちには資格があるから、水原氏とは違う! みたいな。
水原氏の言動は、悪意が見えるときもある。
でも、やっている行動は真っ当だし、
出すべきかそうでないかの情報の線引きの判断は常識的に見える。
(シュナムル氏のラインはうまかったと思う)
あと、「犯罪予告がたくさん来た」とか言っていたけど、
水原氏にも殺人予告きていなかったっけ……。

Colaboに犯罪行為をされているのを、すべて水原氏の責任にするのは、あまりに酷すぎる。
犯罪行為や犯罪予告については犯罪者を責めるべきでしょ。
水原氏は犯罪者ではないのでは? 行動は「合法的」なのだから。
すべての悪い出来事を水原氏一人の責任にするって、スケープゴート?
水原氏をすべての女性差別問題の生け贄にすれば、みんなハッピーなの?
それこそ、違うでしょ。
女性への攻撃をした人はその行為を責められるべきだし、
犯罪行為に走った人を捕まえるべきでしょ。
そこに水原氏は関係ないじゃない。

水原氏への「世界中の女性の敵」発言は、その矛先が私だったら、一年は落ち込むレベル。
こんなバッシング、全世界で発信されたら、普通に落ち込むよ。
それほどまでショッキングな言葉を、弁護士さんが言うなんて、マジで背筋が凍った。

そもそも水原氏が追求しているのは、
「公的なお金の使い方」が正しいか正しくないかのはず。
女の子のために、ちゃんと正しくお金が使われているか、が争点。
水原氏の動向に注目している人を納得させる証拠をすべて出せば、
よほど悪意がない人間でない限り、何も言ってこないよ。
それを「女性を攻撃している!」という争点にすり替えて、
水原氏を攻撃するって、大人げなさ過ぎる……。

確かに水原氏の女性を見る見方っていうのには、違和感があるけど、
それはきっと私がシス女性だからであって、
逆に私の男性を見る見方に違和感を覚える男性はいると思うし、
そういう差が、多様性を生むのではないのかな。
水原氏の女性への見方は真摯な方だよ。
少なくても、ミソジニーではない。と思う。

記者会見の全体的な雰囲気として、
中学時代のヒステリックな教師を思い出すレベルの恐怖を感じたね。
生徒を思い通りにさせようとする教師の口調。イヤな記憶を思い出す。
きちんとまとめるために、二回見たけど、二度と見たくない記者会見。

まあ、あくまで記者会見を見た感想なので、
Colabo側の意見・ツイートをもう少し見ようと思いますが、
少なくても、Colabo側のツイートを見た感想としては、
「感情じゃなくって、証拠を出してくれ。白黒はっきりつけてくれ」が、最初に来ます。
「攻撃された」って言っても、その根拠を示さなければ、
「一生懸命やっているのに、みんな私のことをいじめる」とか言う
鬼滅の刃に出てきた鬼と一緒だよ……。

攻撃されたら、やっぱり悲しいし、つらい。
私も何度もされた。
精神疾患のせいで、キチガイ扱いされたことが何度もあった。
攻撃されてつらくないはずがない。
でも、今回の記者会見での弁護団の発言は、
水原氏への攻撃にしか見えなくて、聞いているこちらもつらかった。

雑記:2022/11/26

お久しぶりです、まひろです!
ツイートはそこそこしてますが、ブログは触っていませんでした。
一応、毎日ログインして、書こうとするんですが、
なにを書こうか思いつかず、そのままログアウトしている日々でした。
で、ブラックフライデーでお金が死にそうになってます!
その前に、こっそりローランドの電子楽器を買ったのが一番デカいんですが。
これぐらいは吹けるようになりました。

今は、Bメロ(?)のシ♭が難しくて、がんばってます。
パーキンソン症候群がマジで酷くて、しんどいです。
一応、薬、飲んでいるんだけどなあ。
小説も書きにくいし、働けるか……? って頭を悩ませます。
まあ、笛で指の運動しながら、とりあえず、がんばります。


頑張ると言っても。
小説はここ3週間書けていなくって、
というのも、プロットはまとまったのですが、
どこから書けば良いのか分からなくなっていて、
ヤバい状況に陥っています。
スランプではないと思うんですけどね。
ただの季節の変わり目の体調不良というか……。
とりあえず、別の新人賞のを書こうって、
少し脳内切り替えて、一太郎先生を開きます。


ワールドカップについて、徒然。
スポーツは詳しくないんだけど、ちょっと怖いなと思ったことが。
「日本は人権問題を考えていないから、ドイツに勝ったんだ」みたいな書き込みを見たのだけど、
あれ、どっちのチームにも失礼にしかならない書き込みだと思うのよね。
絵画にスープぶっかける行為と同じ、「思考の薄っぺらさ」が見える。
格が段違いの強いチームに勝つのは嬉しいものだよ。
サッカーマジで詳しくないけど、多分ね。

常日頃、「人権」について語ってなくても、
何も考えていないとはイコールじゃないはず。
内心を表に出すか出さないかは本人が決めることでしょ。
それは一般人の我々だってそうだし、サッカー選手だって人間なんだからそうでしょ。
その内心なんて、発言や行動がない限り、分かりっこない。
分かりっこないのに、何も考えていないと決めつけるなんて、失礼極まりないし、
「ドイツチームの人権問題の意識は高かったのに、日本が勝って残念」って言葉って、
勝った日本はもちろん、日本に敗れたドイツも侮辱しているってわからないのかね?
「余計なことを考えてたから、格下の日本に負けたんだよ」って言っているようなもの。
マジで侮辱でしょ。
「勝負」って「対等」だから、勝負なんです。
だからこそ、日本の勝利を喜びませんか?

逃げ道を塞いでおくと、もし、ドイツを応援していたなら、
「ドイツ負けたー悔しいー」とかになるでしょ。
日本をバカにしただけで、人権問題が解決できるならいいけどさ。
同時にドイツも貶めているので、シャレになっていない。
何の解決にもなってないでしょ。
むしろ問題をこんがらがらせてる。

小説を書いていて、常々思うんですが、思考は言葉に現れます。
「思考」の演算結果が「言葉」や「行動」として出力されるというか。
確かに内心は分かりませんけど、
考えていることの見え方というか、深さというか、いびつさというか、
「日頃の考え」というのは、言葉に現れてきます。
偏りが酷い思考の人は言葉の偏りも酷いです。

「男女平等」を謳っている人が「障害者差別」とか、ざらにあるからね。
障害者として、ふざけるなボケ! って、マジで何度思ったことか。
障害者を「可哀想な人」って扱いしていなければ、
「ケア係やってあげる」って無邪気に言わないでしょ。
実際にtwitterのDMで言われたんだけどさ。
その「ケア係概念」そのもの、家父長制でしょ、
あんた、家父長制、嫌っていたんじゃないのって、マジでイラってきましたね。
あたしは短気じゃないので、その場ではキレませんでしたが、
その後、「自分が一番偉いという認識」をしていることが判明したので、フォローを外しました。
偉そうに社会に「アップデート」させる前に、
「お前は他者の人権のインストールしろ」ってマジで思った出来事。

あと、「歪な結論ありき」で論ずるから、理論の偏りが酷くなるのも。
「これは人権侵害だ!」って思うのは自由なんですけど、
ゴールポストを少しずつずらしながら、人権侵害を訴えるのは、
あまりにダサいし、他の人の人権侵害になることに気がつかないのもダサい。
それで足を踏まれた人間だからね、あたし。
ダサい人間に足を踏まれるほど、屈辱的なことはない。

それに「人権侵害」って声に出して、それだけで満足するだけの方が問題だわ。
「地獄への道は善意で出来ている」って昔の人はうまいこと言ったよね。
長々とネットで持論を並べるぐらいなら、実になる行動を起こせばいいのに。
パフォーマンスじゃなくって、実際に「行動」するの。
私はやるべきだと思ったら、行動する人間で、
今現在、実際にプレゼンして、行動をはじめました。
(一人じゃ何も出来ないので、協力はしてもらっているけど)
口では何でもどうとでも言える。
でも、行動に起こせるか起こせないかが、一番の肝だと思うのよ。
ツイッターで文句ばかり言って、延々ツイ廃やっているぐらいなら、現実に生きようよ。
毎日、短編小説が書けるぐらい御意見ツイートしているぐらいなら、行動しよう。

最近、気になっているネットの話題の話。
具体的に話すね。
エコーニュースさんや暇空茜さんの動向を見ていると、
行動する人こそが本当に強いって思うわね。
「余命3年事件」みたいな呼びかけではなく、自分から行動する。
それに同調した人たちが、集合知として、新たな問題を見つけ出す。
これって、今までにないムーブメントだと思っていて、
ネットが生み出した一種の革命なのではないか、と思っていたりしてます。
あたしは都民じゃないので、動向を見守ることしかできないですが、
平等を謳うなら、右翼左翼関係なしに平等でいくべきだと思うので、
お二方には、トコトン戦ってほしいと思っています。
支援やお金の使い道にイデオロギーはないはず。
お金に党派性の色を付けるのは危険だと思うのです。
最近読んだ漫画で「お金は鋳造された自由」ってあったのですけど、
この自由を縛っちゃいけないというか……。
と、同時に、メディアが動いていないのが、怖いんですけど。
桝添以来の大騒動なんでしょ?
モリカケサクラで散々騒いでいたのに、何故?
ここにもイデオロギー?
あと、調査が入った団体の弁護団のメンバーが
色んな意味で凄すぎて、思わず笑ってしまったのは内緒。
ワンピース映画炎上の弁護士を連れてくるってマジで……? って目が点になったよ。

ちなみに「現実の行動」って、
直接的な「政治活動」だけを指しているわけじゃないからね。
エレベーターの「開」のスイッチ押すのだって、現実の行動だよ。
こういう小さな行動からも、思考が見えますから。
というか、私はこういう行動から、キャラクターの思考を描いています。
あと、まあ……政治家は嫌いなんで。
マジで政治……というか、政治家は信用してない。
利用するときはするかもしれないけど。
でも、あくまで「利用」であって、信用はしない。多分、一生。
目の前で政治家の熱い手のひら返しを見た時は、吐き気がしたからね。
別に凄いことをして偉くなったわけじゃないのに、
偉くなった気になっているのが政治家なんです。
まひろの政治家への怨みつらみは凄いよ。
食べ物の恨みは恐ろしいからな。
もし、何かあったら、最後の切り札として利用するかも。
たかが食べ物程度だけど、されど食べ物。
人権侵害って言えるレベルだから……。

雑記:2022/11/07

昨日の県立図書館エントランスで行われた
「文学フェスタ」、お疲れ様でした。
来られた皆様、ありがとうございました!

あんな風に人前で売るのって、久々だったので、
ドキドキしましたが、楽しかったです。
とりあえず取り急ぎ。

次は1月の京都文フリです。
よろしくお願いします。

雑記:2022/11/01

あと2ヶ月で今年が終わるんですね。
はあー新人賞狙い2ヶ月で書き終わるかな。
いや、終わらせなきゃいけないんですけど。
あと2話、ネタが枯渇しそうだけど、やったるわ。


再放送ですが。
福井県立図書館で行われる文学フェスタに合同サークル「星度派」で参加します。
「神様がいる喫茶店」
「恩知らずの闇子さん」
あと新作短編ダークローファンタジーを持っていきます。
いわゆるパイロット版です。
色々準備しておかないと。
どうせ、来年の1月の京都文フリの準備もしなきゃいけないし。
100均、いくぜー!
兄貴に必要なもの聞いたしね!!

闇子さん外伝見つかったら、本にしようかって呟いたのですが……
見つかったのは見つかりました。
しかし、出来が酷すぎたので、お蔵入り。
手直ししようにも、出来ないぐらい酷いのです。
気分が良ければ、webで公開するかも。


従姉や兄にとりま、作っておけば? ってことで名刺を作りました。
イラレの練習です。


何事も実践だね。
喫茶店のショップカードイメージの名刺です。
裏面は実際に見てからのお楽しみ……。
っても、そんなに面白いものはないです。
空き家になっている大野の家の住所を書くのもアリかなと思ったんですけど、
来年、叔母が住むと聞いたので、やめました。


偶然、前の会社の仲の良かったパイセンと出会って、
盛り上がりました。
連絡先も交換せず、私が突然辞めたので、さよならが言えなかったのですが、
まさかって場所で再会して、無茶苦茶嬉しかったです。


ハイレゾ(みたいなローレゾ)生活楽しい。
自分のアンプのDACが悪いので、完璧ハイレゾじゃないのが悔しいけど……。


振り返り。
平均すると二ヶ月ごとに、メンタルが崩れる一年だったなあ、と。
人生の半分以上、体調を崩していて、
やっと自我が戻り始めているって言うのに、
だんだん、自分が壊れかけてく気がして、イヤになります。
というか、実際、壊れかけているんだろうなー。
これ以上、壊れないように、気をつけなきゃな。
「あなたが動揺するのは、外部要因が主」
とか、言われてはいるのですけど、
これって被害者意識が高すぎるからなのかな。
それとも実際に被害者?
わからない。
とにかく、強くならないと。
今月は温泉旅行も待っているし、
来月は親戚の結婚式で東京に行くし。
そのためにドレスを買ったし。
胸にサイズを合わせたら、太って見えてしまうのがネックだけど……。
ウエスト周りを細くする方法、探さなきゃ。
ついでにヤマシロヤで豪遊したい。カビ活(カービィ活動)したい。
とにかく、楽しみがいっぱいだ。
と、思わないと、やっていられない……。
上記のパイセンに「まだカービィ集めているの?」と苦笑いされたけど……w


バッグについて。
いつも持ち歩いているリュックに、沢山キーホルダーを付けてます。
というか、増殖してます。
だんだん、日を追うごとに痛バッグになっていきます。
どんなの付けてるの? と言われると困るので言いませんが、
「分かる人には分かる」カバンに仕上がってきました。
6年前にアウトレットで6000円で買ったベルギーのブランド品なのに……。
「あの」ネタ帳とペンケースとPC入れて振り回しても、壊れないリュックです。
凄いよね、6年間だよ。元を取り過ぎだよ。
少し、へたってはいるけど、全く壊れてないの。
千切れかけてもいない。
どれだけ丈夫なんだ。


アメルブロートについて、徒然思ったことを書きたいなあ……。

雑記:2022/10/28

文学フェスタに持っていく作品が出来ました。
コピー本で一冊100円で売ろうかなーと思ってます。
だいたい5000文字ぐらいです。
日頃思っていることを、作品に昇華しました。


ローストビーフ作りたいけど、
肉が売ってなくて、ションボリ。
11/6の準備で100均には行かなきゃな。(メモ)

キャプチャーボードの実験

キャプチャーボードを買ったのに、ゲーム自体をプレイしてなかったので、
いい加減使わないとな……
5000円もしないやつを買ったので、
動作がちゃんとするか不安でしたが、キチンと動いてくれたみたい。
安心しました。
ちなみに寝起きで録画です。
設定に1時間半? ぐらいかかりました。
「なんのソフトを使えば良いの?」「音が出ない……」からのスタートでしたからね。
一応、キチンと録画もできているみたい。
youtubeでのアップロードも出来た感じかな。
動画内容は許してください。
ゲーム自体久々で(ドラクエすらやってない)、
勘を取り戻さなくてはいけないのですよ。

まひろがどれだけスプラが下手かの動画を流したいですね。
ヒーローモードでw