リトルプレス・イベント情報

【直前告知】文学フリマ京都7に参加します。

1/15の京都文学フリマ7に参加します。
スペースは「か-04」です。
会場はみやこめっせ1F 第二展示場B・C・Dです。

持っていくリトルプレスは
「恩知らずの闇子さん」(1000円)
「神様がいる喫茶店」(500円)
「死者の代理人」(100円)
以上の3つです。
Webカタログはこちらです(外部リンク)

店番は私と母でいきます。
よろしくお願いします。

リトルプレス「恩知らずの闇子さん」

リトルプレス「恩知らずの闇子さん」頒布価格:1000円、B6サイズ、ページ数:494ページ
マジで「自分のため」だけに書いた話です。
しかし、あまりに面白いので(自画自賛)、
(半分ウソ。読んで頂いて面白いんだなって実感しました)
リトルプレス化しました。
様々な方々のお力をお借りしてます。
毎度、ありがとうございます!

頒布先
HOSHIDOさん
webサイト:HOSHIDO
A Sleep Storeさん
webサイト:A Sleep Store

頒布先が増え次第、追加させて頂きます。

Kindle版が出ました。(2022/12/17追記)
恩知らずの闇子さん Kindle版
販売価格は、リトルプレス同様1000円です。
Kindle Unlimited対象なので、登録されていると、読み放題です。
それに伴い、webでの試し読みをやめました。
気になる方はKindleのサンプルで試し読みをしてください。
第一話はすべて読めます。(確認しました)
(Kindle Unlimitedに入っているとweb上ではKindle版でしかダメになるんです)
リトルプレスにある酷い誤字に関して、さすがに修正してあります。

=あらすじ=
都子がもらったコンパクトミラーには、悪霊「闇子さん」が取り憑いていた!
闇子さんは都子の身体を乗っ取って大暴走!!
果たして、都子の明日はどっちだ!?
闇子は一体誰なのか? そして二人の真実は?!
(ジャンルはホラーではなく、ジェットコースターハイテンションローファンタジーです)

紙の色は若草色です。イメージ的には都子の制服の色です。
表紙は自作です。センスがないのは仕方がないです。
初めての試みとして、扉ページや挿絵などをいれました。
それも同人誌ならではの楽しみとして。

紹介して頂きました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

A Sleep Store(@asleep_store)がシェアした投稿

★誤植について

「恩知らずの闇子さん」の正誤表です。

391ページ7行目
誤「来花先生」→正「篠座先生」

447ページ11行目
誤「飯降夫人」→正「篠座夫人」

シールで直そうと思ったのですが、色々試してみたところ、
私の技術では無理だったので、訂正文を挟みました。
気になる方は、該当部分を修正ペンなどで直して頂くとありがたいです。

他、一部に誤字があったり、14行が15行になっていたり、フォントが変わっていたりしますが、
笑って許してください。

★実はこの世界観はずっと温めていたものなので、
主人公が違う話がまた別にあります。
これは新人賞狙いで書こうかな、って思います。

 

【イベント】京都文学フリマのwebカタログ

webカタログ「天空の破片」

1/15に京都の京都市勧業館みやこめっせで行われる
京都文学フリマに参加します。
位置は「か-04」になります。

webカタログにも載せましたが、
持っていく作品は、

「神様がいる喫茶店」(500円)
「恩知らずの闇子さん」(1000円)
「死者の代理人」(100円)

の三作品の予定です。
増えることはないです。
(ただ「死者の代理人」に関しては、折らなきゃいけないというアレ)

当日はよろしくお願いします。

【直前告知】文学フェスタに参加します。

初めてお品書きを作ったので、見づらかったら申し訳ないです……。

2022/11/6、10:00~16:00まで、
福井県立図書館エントランス内で、文学フェスタが行われます。
詳しいチラシはこちら。
大野の本屋「HOSHIDO」さんの店主さんを含めた常連メンバーで
合同サークル「星度派」のひとりとして、参加します。

既刊として、
「恩知らずの闇子さん」(頒布価格1,000円)(2022年7月発行)と
「神様がいる喫茶店」(頒布価格500円)(2020年7月発行)、
新刊……というか、新作短編として、「死者の代理人」(頒布価格100円)を持っていきます。
(今後のため、ちょっと反応が見てみたい作品であったりします)
手で一つ一つ丁寧に折りました。乱丁とかあったら、すぐに取り替えます。

当日、多分混み合うと思いますので(雰囲気が読めない)、
来場される方は、コロナ感染予防対策をよろしくお願いします。
私も気をつけます。

【イベント】11/6の文学フェスタに参加します。

福井県立図書館で行われる「福井文学フェスタ」にて、
いつもお世話になっているHOSHIDOさんの常連メンバーで、
合同サークル「星度派」として参加します。
お品書き?は「神様がいる喫茶店」「恩知らずの闇子さん」です。
もしかしたら、web再録で何かを持っていくかもしれません。
それか書き下ろし。出来れば、何か書き下ろしたいなあ。まだ二週間あるし。

イベント情報はこちらを参照してください。
福井文学フェスタ

京都文フリに参加します。

2022年1月15日の京都の文学フリマ京都7、
参加を申し込むたび、コロナの状況が悪化して、
福祉職の母にいつも止められていたのですが、
今度は何が何でも参加します。

つーか、兄貴や父が出かけまくっている
(この前なんて北海道に行っていた兄)のが、
悔しくてたまらなかったのもあり。
体力を付けるモチベーションにもなるかな、と。
京都駅で熱中症で倒れたので……。

とりあえず、ご報告まで。

リトルプレス「神様がいる喫茶店」

リトルプレス「神様がいる喫茶店」頒布価格:500円、文庫本サイズ(A6)、ページ数:286ページ
Web小説で2017年頃からぽつぽつ書いていたヤツです。(今は非公開です)
やっとこさ形になりました。
様々な方のお力を頂きました。ありがとうございます。


紙はレモン色です。(店長の瞳をなんとなくイメージしました)

表紙:伊藤ゆか さん
webサイト:伊藤ゆかイラストサイト

頒布先:HOSHIDO さん、A Sleep Storeさん(new)
webサイト:HOSHIDO
webサイト:A Sleep Store

★今、続編……というか、スピンオフ……というか、
出し切れなかった設定を使った「なにか」を書きたいです。
まずは酒豪の小夜鳴姉弟とか、成金ハルカさんとか。