新・しばらくの予定。

1ヶ月更新しないのは、どうかと思うので、更新。
月一しか更新できていないのに、
更新したアナウンスしないのは、ご面倒おかけしそうなので、
ツイッターと連動させようと思います。
……なんか、自力で貼り付けになりそうですが。

この1ヶ月で色々ありすぎて、
ちょっとフィジカル・メンタル共にガタガタだったので、
何にも出来てません……。
一応、同人誌の単純な編集作業はやっていましたが。

同人誌はほぼ完成形です。
前回のアナウンスでは、上巻下巻とするとしていたのですが、
お金の工面は出来たので、一冊で刷ります。(頒布代1000円予定)
あとはたった一つの作業を終えて、入稿するだけなのですけど、
その凄く入稿が怖いんです。

というのも。

友人に、今度、福井でオリジナル専門の同人イベントが行われると聞いて、戦慄を覚えたからです。

被害者ぶるわけではないことを前提に、出来る限り事実だけを書き出してみます。
(といっても、被害者的な仕方がない文章になってしまいます。ごめんなさい)

以前、初めて参加した福井での同人イベントで、
私の作品を表紙も開かずに嗤った方々がいらっしゃるのです。
私の作品の大半はもちろん私が一から書いたもの。
鼻で笑った方々は、いわゆるパロディものを書かれてて、
まあ、それは趣味の問題なので、どうのこうの言えないのですが、
嗤わなくって、いいじゃないですか、別に。
しかも、そんな行動を起こしたのが、その同人イベントの運営なのです。
参加者をそんな態度をとる運営に対して絶望しました。
イベントのおかしなところを指摘したら、恫喝させられましたし。
もちろん逃げたんですけど、
その後、ツイッター等で知ったこととして、
チケット送付の封筒に敬称が書かれてなかったという、
初歩的すぎるマナーを2回連続で忘れるという体たらくなので、
人間性どころか、イベント運営としても信用度はゼロどころか、マイナスです。
しかも、その指摘を一般の方がしても直さず、実力者が怒って指摘したら、謝罪するという……。

この後にも、再び接点があったのですが、
こちらが挨拶しても、私よりも良い社会人のはずなのに、
基本的な挨拶すらもできないようだったので、再び逃げました。

でも三度目の正直って本当にあるんですね。
最初に戻るのですが、友人からオリジナル創作の同人イベントをこの運営が行うと聞きました。
オリジナル創作……つまり、私の所場に上がってきたわけです。
私は仏じゃないので、さすがに怒りを覚えます。
人のオリジナル創作を嗤う人間が、そのようなイベントを行うですって?
怒りはもちろん起きますが、根本的に道理に合いません。

「あなたの作品を嗤うってことは【あなたの作品を楽しんだ読者を嗤う】ってことになる」
との指摘を受けました。
そうなんですよ。
そうなんです。
この二年で、私の創作の立ち位置はかなり良くなったと思っています。
ひとえに、本を置いてくださるお店や、読んで頂いた読者の皆様のおかげです。
まだアマチュア作家とはいえ、読んでくださる方の存在は、
私の中ではそれぐらい大きいのです。
感謝している方々を、私は嘲笑の対象にしたくありません。

半年……どころじゃなかった。
日記帳を振り返って見たら、
3ヶ月の間に、このようなメンタルを不調に引き起こすネガティブな出来事が、
連続して三回起きていました。
「あなたって、大概、外部要因で体調崩すよね。
そこさえクリア出来て、病気について理解があるところであれば、
短時間でも普通に働けそうなのに」
その二つが、簡単にクリア出来ていたら、ここまで病状は悪化しません……。

そのネガティブな出来事を整理してみると、
「日本語」や「クリエイティブ」なことを嘲笑う人たちに心をかき乱されるんですよね。
私の心そのものをヘドロまみれの足で踏みつける人というか。

おかげで、体調がクズクズに崩れ、メンタルボロボロ。
厄払いに「そうだ、京都へ行こう」って思い立ち、京都に行ってきました。
(そこでまあ、色々あって、熱中症で救急車に乗ったのですが)
体調はまだ悪いですが、メンタルは持ち直しています。
色々ありましたが、京都旅行は良い気分転換にはなったのかもしれません。
神社で頂いたお札を神棚にあげています。