文学フリマお疲れ様でした。 #文学フリマ京都

遅くなりましたが、
1/15にみやこみっせで行われた文学フリマ京都、お疲れ様でした。
買った本は後日紹介します。
気になる本を結構買いあさったよ。

雑な感想をいくつか。
友人が来てくれたのはうれしかったです。
私が会場内を回っていたとき、
母が押し売りしてたらしく、それは非常に申し訳ありませんでした。
隣の方の「京都はふらっと来る方が多い」という話を聞いて、
なんか肩の荷が下りました。
東京だとどうなんだろう。
この方の本も買ったので、後日感想を。とてもおもしろそう。
私たちがいた島?はそんなに人の往来がなかった気がしたので、
途中まで売れないかなと思ったのですが、
「神喫」が少しでも売れたのにはびっくりしました。
何故? やっぱりジャケ買い?
やっぱり伊藤さん(表紙を書いてくださったイラストレーターさん)の力はすげぇ。
逆に「死者の代理人」が売れていなかったのは残念。
キャッチーじゃなかったか。それとも雑だったか。
1000円超える「闇子さん」は、やっぱり手に取りにくいよね。
値下げするつもりはないけど。
ホシド関連の方が二人来場してたのにも、びっくりしました。
一人はもう一度お会いしたかった方だったので、嬉しかったです。
感想が言えて良かったな。

とあるサービスの申し込みだけして、
登録してない企業の方が最後の最後に来てくださって、
売るためのアドバイスをいくつかしてくださったのは嬉しかったです。
「カバーとか付けた方がいいんですかね?」
「手作り感みたいなチープに見えないように作るのがね……」
云々。難しい塩梅ね。
とりあえず、登録……の前に、企業さんに連絡とって、
もう少しアドバイス頂こうかな。

とにかく、とても楽しいイベントでした。
帰りにみやこめっせの目の前にある平安神宮でおみくじで
大吉を引いたのはとても幸せでした。
「自分のことをよく知ること」が大切だそうです。
がんばろ。

帰りにビールを飲んだのは内緒ね。
あまりビールは飲まないんだけど、
なんかこの日は非常に呑みたかったのよ。